スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

アルトサックス入荷

寄付第1号のアルトサックスが楽器店に入荷したそうです。
新品の「ヤナギサワアルトA-991(ラッカー仕上げ)」を
アサダ楽器の宮下幸一さまのご協力により
とても安く購入することが出来ました。

さっそく宮城県山元町立山下中学校にお送りします。
吹奏楽部顧問の上西直樹先生から
「まったく新しい楽器を購入していただけること、
本当に嬉しく思っております。
とても良い楽器だと思いますので、
生徒も本当に喜んでくれると思います。
奇しくもA-991は昨年の卒業生が、
自宅もろとも津波で流失してしまった楽器でした。」
とのメールを戴きました。

届いたらまたご連絡戴けると思いますので改めてお知らせします。
☟楽器店にお送り戴いた現物の写真です。

アルトサックス

2011-08-24(Wed)
 

改めまして寄付のお願い !

先ほどの記事にも書きましたが、義援金の寄付先2カ所が決定しました。
(1)宮城県山元町山下中学校→管楽器購入(楽器店と交渉中)
(2)福島県浪江町町立小学校→中古アップライトピアノ購入(楽器店と交渉中)

コンサート開催前から寄付先を何処にするかとても悩み、
ネットで様々な情報を得て直接被災地と連絡を取り合ってきました。
当初は義援金の全てを一カ所に寄付するつもりでしたが、
被害が大きかった地区ほど学校再建のメドがたっておらず、
楽器購入にまでまだ考えが及ばないという現状を知りました。

そこで範囲を広げて情報収集する中で、
1カ所ではなく3カ所に分けて学校の吹奏楽部への楽器支援、
設立された被災地にピアノを送る会や子どもに音楽を届ける会に寄付しよう
と方向転換を決めて動き始めた矢先に、
浪江町の学校再建の話しに出会いました。

山下中学にしても浪江町学校再建にしても、
希望に添った楽器の購入に加えて、楽器の運搬料が掛かります。
実は両方に寄付するにはあと少し資金が足りないのです。

そこで皆様に改めて義援金協力をお願い致します。
趣旨をご理解の上、ほんの少しでも構いません。
周りの方にも呼び掛けて戴ければ幸いです。

義援金の送り先は下記の通りです。
どうぞ宜しくお願い致します。

【受取人】ヒビケヒガシノソラヘジムキョク

【郵貯銀行を口座をお持ちの方】
記号-10080
番号-32426991

【郵貯銀行以外からの振込み】
店名-00八(ゼロゼロハチ)
普通-3242699



     2011年8月14日
               『響け、東の空へ ! 』発起人 多喜 靖美

2011-08-14(Sun)
 

寄付先 途中経過報告

先日義援金の寄付先について書かせて戴きましたが、
あの後、色々と動きがありました。

一つ目は宮城県山元町の町立山下中学校。
山元町は仙台空港の少し南、
あの無惨に「くの字」に折れ曲がった電車の衝撃的な映像が忘れられない
新地駅のある新地町のスグ隣りの町です。

学校自体は津波の影響は免れたものの、
生徒さんの大部分は大小の被害に合ったそうです。
吹奏楽部は楽器が揃わず活動に支障をきたしているとのことで、
顧問の上西直樹先生と連絡を取りながら、
現在、「アルトサックス」か「フルート」「クラリネット」を購入すべく、
楽器店の方と交渉中です。

もう一カ所(二カ所考えていましたが)については、
ピアノを寄付したいとの希望でズット動いてきましたが、
先日も書いたように被害が大きかった所は
再建のメドがたっておらず送り先探しが難航していました。

『被災地にピアノを送る会』の発起人で仙台在住の
庄司美知子先生(大学の先輩です)と直接連絡を取りました。
ホームページを見ると実際に送られたのが「電子ピアノ」がほとんどなので、
「なぜ ?」との疑問をぶつけてみました。
「メンテナンスの必要が無く気軽に皆さんが楽しめてご要望が多いのです」
とのこと。
なるほど当事者でなくては分からないことが多いのだな、と納得しました。

こちらへの寄付を決めようかと思っていた矢先、
私の門下生の一人から「福島の浪江町の学校がピアノを希望している」
との情報が入りました。
その方が間に入って元双葉小学校校長の岸真(きしまこと)先生、
浪江町教育委員会の屋中茂夫さまとお話ししました。

皆様もご存知の通り浪江町は「津波」と「原発事故」の
ダブルの被害に遭った地区です。
町内の六つの小学校の全てが現在閉鎖されていますが、
場所を変えて一つまとめ今月25日に開校予定で準備中だそうです。
それに向けて是非ピアノを、とのお話しでした。

何とかこの希望に沿いたいと思います。
山下中学への管楽器寄贈後の残りの金額で買う事の出来る
アップライトピアノを現在楽器店と交渉中です。
「楽器店」「ピアノ運送」「調律師」皆様のご協力が仰いでいるところです。
もう一歩です。
但し世間はお盆休みに入ったので、少しの間動きがストップします。
休み明けには全てが決まる予定ですので、改めてご報告いたします。

     2011年8月14日
               『響け、東の空へ ! 』発起人 多喜 靖美



2011-08-14(Sun)
 

コンサート収支報告

遅くなりましたがチャリティーコンサートの収支報告を致します。

《収入》
合計 1,054,422円
☆参加者の協力金+当日の募金+その他の募金

《経費》
2日間のホール代金(含むピアノ代) 138,150円
ピアノ調律代 17,420円
プログラム印刷代 15,300円
プログラム郵送費 3,280円

合計 174,150

以上です。

従いまして《収入》から《経費》を差し引いた額
880,272円が義援金として寄付出来る額になりました。
皆様のご協力に深く感謝いたします。
寄付先につきましてはあと数日お待ちください。

2011-08-11(Thu)
 

お待たせしています

チャリティーコンサート『響け、東の空へ ! 』から
早くも一ヶ月が経ってしまいました。
参加者の皆様やご協力戴いた皆様は義援金の行方が
気になっていらっしゃることでしょう。

コンサートのかなり前から義援金の寄付先について色々と調べてきました。
被害に遭われた学校関係の方々とメールや電話で何度もやり取りもしました。
そこで分かった事は被害の大きかった所は学校再建はまだ先の話しだったり、
メドさえも付いていなかったりという状態だという事です。
ほとんどの学校は別の学校などを間借りして授業を行っているそうです。

そこで、
範囲を広げて地域的に被害は大きかったものの学校自体はそのまま使え
授業も再開できている地域の学校と連絡を取ってみました。
その中の1校と話しがまとまりそうです。

当初、ピアノのように全校生徒の役に立つ楽器にこだわっていましたが、
この学校では吹奏楽部の楽器を希望しています。
話しを伺ううちに、
学校の備品として将来に渡り使い続けて貰うのも良いかなと思い始めました。
音楽の先生と詳細を打ち合わせしています。

もう一カ所はやはり『ピアノ』を考えています。
中古ピアノの購入資金の一部に寄付してはどうかと思い、問い合せ中。
その他、『こどもの音楽再生基金』という支援活動団体への寄付も視野に入れています。

迷うばかりでは進展しないので、今週中には結論を出します。
皆様の心のこもった義援金を少しでも良い形で活用したいと思いますので、
どうぞ今しばらくお待ちくださいね。
必ずご報告致します。

     2011年8月10日
               『響け、東の空へ ! 』発起人 多喜 靖美


2011-08-10(Wed)
 
プロフィール

『響け、東の空へ ! 』実行委員会事務局        

Author:『響け、東の空へ ! 』実行委員会事務局        
2011.3.11に発生した東日本大震災の被害に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げると共に、被災地が一日も早く復旧・復興し皆様に平穏な日々が戻りますよう心よりお祈り致します。

今まだ少しだけ元気な私たちが、祈りを込めて愛する「音楽」を奏でることで、被災された方達にほんのチョッピリでも「元気」を届けたい。そんな願いを込めてチャリティーコンサートを企画し、去る7月9日(土)、10日(日)川崎市の麻生市民館ホールで、のべ265名の出演者により実施いたしました。

ご協力戴きました多くの皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。

【義援金総額】9月3日現在
  892,272円

☆義援金は下記の三カ所に寄付しました。

・宮城県山元町山下中学校に
 新品のアルトサックス

・福島県浪江小学校に
 中古のアップライトピアノ

・『被災地にピアノをとどける会』に
 義援金90,000円

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。